<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2009.05.26 Tuesday

"lollipop+" / marino

評価:
marino
FLAVOR RECORDS
¥ 2,000
(2009-04-22)

ナタリー - marinoのテクノポップ名盤が4曲増量でついに再発
このミニアルバムのオリジナル盤は2006年に発表。中田ヤスタカ(capsule)、ハヤシベトモノリ(Plus-Tech SqueezeBox)がプロデュースしたハイクオリティなサウンドが評価され、廃盤となった現在は高額のプレミアが付いている。

ということで聴いてみたんですけども
いいですねぇ。

01. clear beats(music:オクダヒデタカ)
02. フレイバー(music:中田ヤスタカ / words:中田ヤスタカ)
03. tic tac(music:ハヤシベトモノリ / words:marino)
04. strawberry(music:ハヤシベトモノリ / words:ハヤシベトモノリ)
05. ララリル(music:中田ヤスタカ / words:中田ヤスタカ)
06. lollipop(music:ハヤシベトモノリ / words:marino)
07. Pot marjoram(music:オクダヒデタカ)
08. パン・ダ marinopp(music:イマイケンタロウ&LABO / words:イマイケンタロウ&marino)
09. てんとう虫とチューリップ(music:オクダヒデタカ)

というところでいうと
3,4,5,6が特に好きです。
ハヤシベトモノリの曲は全部いい!
「おもちゃ箱をひっくり返したような」と表現されるような
カラフルでポップで世話しない音楽なんですけども、その中でも
tr.04 "strawberry"はカヒミ・カリイを思い出すようなウィスパーボイスで
もしかしたらこれいちばんあってんじゃね、とか思ったり。

ちなみにハヤシベトモノリさんはPlus-Tech Squeeze Boxというのをやっていて
僕はそっちもとても好きです。

【参考URL】
[VROOM-SOUND.com] - Plus-Tech Squeeze Box - official HP
plus-tech squeeze box - MySpace : 音楽の無料試聴、動画、写真、ブログなど
2009.04.16 Thursday

"This Is My Shit" / 80kidz

80kidz,The Shoes,Ghostape,David Cox,Hey Champ
ケイエスアール
¥ 2,520
(2009-04-15)

やばいわー。
ダンス/エレクトロのユニット?で日本人3人だそうな。
フルアルバムとしては1枚目でありながら
MySpaceでは海外からも相当人気を集めてるようで
フジロックにも出るそうじゃないですか。

昨日仕事帰りにHMVに寄ったらこのアルバムが爆音でかかってて
なんじゃこれ、と思って即買った。鼻血出るかと思った。
店内でかかってるのにも関わらず視聴でも確認したヨ。
ぶりぶりの低音利かせた環境で聴くのがよいと思います。

特にtr.1 "Intro"〜tr.2 "Go Mynci"の流れが最高。
tr.1はイントロといってもわりとSEに近くて、むしろ
tr.2が延々と盛り上げ続ける前奏曲みたいな感じで相当あがりますね。
個人的にはKing Crimsonの"Larks Tongues In Aspic Part2"みたいな
ずっと煽られ続けてるような感じの曲で大好きです。


とりあえず視聴できますのでMySpaceへどうぞ。
80KIDZ//-THIS IS MY SHIT- Album ALL Preview // - MySpace

beatportにもありますよ。

JUGEMテーマ:クラブ・ダンス




2009.02.12 Thursday

Mr.BIGがオリジナルメンバーで再結成

TSUTAYA online / MR.BIG、オリジナルメンバーで奇跡の再結成
1990年代を代表するアメリカン・ハードロックバンドMR.BIGが、オリジナルメンバーで再結成することを発表。6月に行われるジャパンツアーに先駆けて、本日2月9日に六本木・ハードロックカフェ東京にて記者会見を行った。


ちょっと前にも書いたんですが
ついにオリジナルメンバーで再結成が発表されました。
よかった。

Mr.BIGの再結成? | Parallelminds
リッチー・コッツェンじゃないだろ。どっちにしても。

なんてことも書いていて
正直ちょっと無理なのかと思ってましたが
ほっとしたー。
これなら再結成ツアー見に行きたいし
またオリジナルアルバムも作ってほしいな。
2008.11.12 Wednesday

Dir en grey / "UROBOROS"


DIR EN GREY
Fire Wall Division
¥ 3,150
(2008-11-12)
Amazonランキング: 253位
Dir en greyの7nd。
しかしすごいところまできたなー。

5st "Withering to Death"が出た時には
--
デビュー後どんどんと歌謡曲化していくバンドが多い中で
彼らはメタル、ミクスチャー、エモ、デス、ハードコアと
様々な要素を咀嚼しながら彼らなりのヘヴィな音楽を
追求してきた。そしてこのアルバムはある種の到達点
といっても言えるほどの完成度を誇っている。
--
と書いた事があったんですが
さらに独自の進化を遂げてますね。
このアルバムも海外16ヶ国で発売されるとか
KornのTHE FAMILY VALUES TOURに出たとか
Slipknotのメンバーも気に入ってるとか
もはやそういうのってどうでもいいよね。

和食の「和」は足し算の「和」であって
色んな国の食のいいところをあわせていって
それが「和食」なんだという文章をどこかで読んだけど
Dir en greyの音楽性もまさにそういうところだと思う。

ビジュアル面でもダークなイメージが強いですが
欧米的なゴス・ホラー的な色合いと
ドメスティックな怪談や曼荼羅等のオリエンタルな色合いが
個別に見たらそれぞれ全然違うテイストなんだけど
ほんとにうまく混ざりあってる。
音楽においても当然のようにそうで
いわゆるV系の流れにある歌メロと
今様のエクストリームミュージックに不可欠な攻撃性と複雑性、
音圧もリズムもダイナミックレンジの広い曲調は本当にごった煮で
前作まではあんまり感じなかったToolなんかに近い魑魅魍魎性がある。
楽器としてかなり幅の広い歌い方・声色を使い分けるvoの京はシャーマンだな。

個人的な好みを言えば、もう少しバスドラに音圧があってもいいし
歌ものとしては"Withering to Death"の方が好きだったりしますが
まあそれは瑣末なことです。
僕が音楽を好きになる要素のかなりの部分が含まれてる。
ヘヴィネス、歌メロ、リズム、音圧、複雑性、民族音楽的雰囲気 etc...
やあ、これはいいアルバムです。

たぶんこれ後から読むと恥ずかしい感じだw
2008.10.22 Wednesday

ガンズの新譜とドクターペッパー

ガンズ・アンド・ローゼズ、17年ぶりのアルバム11月緊急発売決定! 音楽ニュース : リッスンジャパン
『チャイニーズ・デモクラシー』は1991年の『ユーズ・ユア・イリュージョン』以来ガンズのスタジオ・オリジナル・アルバムとしては17年振りの作品で、制作期間14年、総制作費およそ14億円、収録予定楽曲は全14曲ということで1曲1億円の制作費がかかった、正に桁外れのスケールの作品となった。


ということで、何度めの発売決定かわかりませんけれども
アメリカでの発売が11月23日(日)
日本での発売は11月22日(土)
となったようです。一応。
一応ですよ。

ユーズ・ユア・イリュージョンが出たときって
ターミネーター2の時代だからなぁ。
シュワルツェネッガーがまだまだ現役で俳優やってた時代。

で、思うんですけれども
このアルバムの発売について紆余曲折があればあるほど
ドクターペッパーは同時にニュースにとりあげられてますよね。
実際に発売されたとして、アメリカ国民にドクターペッパーを
配ったとしたらどうなるのかわかりませんけれども
けっこうな広告価値は生んでるなぁと思いますよ。
全く関係ないところにのっかってるだけなのにすごい。

それにしても1曲1億円てw

via daiskip
2008.10.16 Thursday

Mr.BIGの再結成?

Yahoo!ミュージック - 音楽ニュース
元々バンドを解散に追い込んだ一因は、エリックとビリーの間にあった誤解、そしてそれが元になった確執だった。以来、全くのつきあいを絶っていたふたりだったが、エリック自身が歩み寄ったことでミスター・ビッグ復活が依然現実味を帯びてきた。とはいえ長年こじれていた関係を水に流すのは簡単ではなく、今はメールでやり取りしている状態。まだ会って話すまでにはいたってないそう。
一方ビリー以外のメンバー、パート・トーピー(dr.)とリッチー・コッツェン(g.)とはエリック、既に一緒にプレイすることも。“この夏イタリアのライヴでふたりと一緒にプレイしたんだ”とエリックは言っていた。


たまたまiTunesでMr.BIGがかかったときに目にとまったニュースなんですが
なんでここでポール・ギルバート(g.)じゃないんだっていう
ただそれだけのことが言いたかった。

通常バンドの再結成ってオリジナルメンバーなり
一番売れていた時期のメンバーだったりが
対象になると思うんだけど
リッチー・コッツェンじゃないだろ。どっちにしても。
いや、リッチーは好きですよ。歌もうまいしね。
哀・戦士も持ってますよ。
でもMr.BIGならポールだろう。
ポールを含めた再結成の可能性が低いのも知ってますけどね。ええ。

リッチー・コッツェン
BMG JAPAN
¥ 2,037
(2006-03-22)
Amazonランキング: 5424位

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール&リンク

検索

Search this site.

Booklog

twitter